無料ブログはココログ

2018年6月14日 (木)

心をこめて

今の部署に異動して1年2か月。

年齢的にも、望んでいない役職にも責任が大きいと言われるわりには

あまり活躍できていない感、求められている感もなく

複雑な日々を送っております(苦笑)。

私が師長の地雷thunderを踏みまくっているせいでしょうけど

私の看護観を持ってしたことでも、現師長には伝わらないようです。

そんなやさぐれた毎日に、一筋の光が(笑)!!!shine

ここ最近で2回ほど患者さんからお手紙をいただくことがありました。

お一人は退院のときに。

もう一人の方は先日、リハビリスタッフを通じて。

どちらの患者さんもプレゼントと一緒に。

「患者さんからの心付けなどはご遠慮しています。」

という方針の当院ですが、時と場合によるかなと思うのです。


(退院の時に、私たちのために沢山用意してくださった菓子折りを絶対に受け取らない師長にモヤモヤしている私・・・ケースバイケースじゃね?)



先日リハビリスタッフを通じて「あるもの」をくださった患者さんは

それと匂わせるようなことを仰っていたとき、私が「お気持ちだけいただきます。」

と言っていたのをしっかり覚えており、リハビリスタッフに託したのです。

人生の大先輩であるその患者さんがくださった「それ」は

東日本大震災の時に大量に手作りして被災者のご友人に送った物で

「家に沢山あったから。」と仰っていました。

巾着袋と小物入れ。

優しい雰囲気をまとったそれらは、患者さんの人柄を表すような温かい心のこもった手作りでした。

メモ用紙1枚に書かれた私宛のお手紙はシンプルな文章でしたが

不全麻痺のある上肢で一所懸命書いてくださったのがわかる文字で

とっても嬉しかった!crying



お礼を伝えに病室に伺ったときに言ってくださった言葉にも元気をもらいました。

「入院したばっかりの時、ゆきさんには本当にお世話になったし元気をもらえて本当にありがたかったの。本当にありがとうございます。今でもゆきさんの顔を見ると元気をもらえるの。」



なんて嬉しいお言葉でしょう。

私は当たり前のことを当たり前にやっているだけなのに

患者さんがこんな風に思ってくださるということは

私の看護は間違っていなかった、と思わずにはいられません。

これからも「心をこめて」看護をしたいと思います。

Sさん、本当にありがとうございます。



«ぴきっ。